しろくろ

スポンサーサイト

-------- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | comments(-) | trackback(-) |

ばらの花

2013-12-05 (Thu) 01:22
「馬鹿と天才は紙一重」っていう言葉があるじゃないですか。

自分はこの言葉の意味を勘ぐれば勘ぐるほど、頭がこんがらがってしまいます。

なんというか、「馬鹿」と「天才」という言葉から受ける意味の凝視感を埋められないというか。


なんだろうね。

馬鹿と天才ってなんだろうね。

テストで悪い点を獲った人を馬鹿というなら、良い点の人は必ずしも天才ということになるのかな。

それとも、不器用な人が馬鹿と呼ばれるのかな?

じゃあ天才って?要領がいい人?

それじゃ納得出来なくないですか?


やっぱりどうしてもこの2つの言葉を紐解けない。

そもそも、誰がそんな言葉を考えたんだろうね。

よっぽどの天才なのか、あるいは救いようがない馬鹿なのかもしれないね。







ところで僕は冬が一番好きな季節です。

最近とてもいい曲が書けたし、奥行きのある線画も安定して描けるようになってきました。

これ以上ない充実感に満たされてます。

だからできるだけ長く、今までで一番の密度の冬を過ごしたいです。

つまらない人生にならぬように、今はよく考えて、常に最善手を見据えていきます。
スポンサーサイト
未分類 | comments(0) | trackback(0) |

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。